DO YOU
KNOW
KYOTO
KEIHOKU?

京北ってどんなとこ?どこを訪れても、美しい自然と清流、そして歴史薫る情景に出会うことができます。

京北地域について

面積は大阪市とほぼ同じ京北は京都市の北西部、「桂川」の源流域に位置しています。
総面積は217.68k㎡、例えるなら大阪市とほぼ同じくらいの大きさ。その広大な地の93%が森林に占められた、緑あふれる環境です。
この地域は、古来から良質な木材の生産地として有名なエリア。長岡京・平安京の造営時や京都御所炎上の際には、膨大な量の建築用材が桂川・保津川を経て【筏流し】で運ばれました。それ以降も、都へ木材を供給していたことから、現在に至るまで木材の名産地としてその名を知られています。
豊かな自然と清流、歴史に出会えるエリア京北の自慢は、どこを訪れても豊かな自然と美しい清流に出会えるということ。地域の中央を流れる「桂川」のきれいな水の恵みで、鮎やアマゴが獲れるほか、美味しいお米や新鮮な野菜もたくさん収穫できます。また、京北は日本の食卓には欠かせない「納豆」発祥の地でもあり、古くから各家庭で納豆が手づくりされてきました。郷土料理である「納豆餅」も名物として人気を博しています。
そのほかにも、「常照皇寺」など歴史ある神社仏閣や、明智光秀が築いた総石垣づくりの大規模な「周山城址」など、多くの史跡を擁しているのも魅力のひとつです。
都会へのアクセス良好!市街地まで車で約40分車でのアクセスの良さから、京都の市街地に通勤する方も多く住んでいる京北エリア。公共交通機関を利用する場合は、西日本JRバスと京北ふるさとバスのみなので、ちょっぴり不便な部分もありますが、平日は都会で働いて週末はのんびり田舎ぐらしを楽しみたい方にぴったりです。
教育機関は、保育所、小中一貫教育校から高校までがあり、スーパーやコンビニ、ホームセンターなどお買い物スポットも充実。病院医療施設や高齢者の介護施設もととのっているため、安心して暮らせる環境といえます。

京北の歴史平安時代から現在に至るまでの【1300年】にわたる歴史の流れ

  • 平安時代

    平安京造営の際に山国郷が桂川から保津川を利用して、「筏流し」で木材を献上した記録が残されており、昭和初期までその方法で木材が運ばれていました。

  • 南北朝時代

    光厳天皇が山国郷に「常照皇寺」を開き、境内の奥には天皇陵があります。
    「常照皇寺」は納豆発祥の地といわれています。

  • 戦国時代

    それまでは土豪の宇津氏が京北地域を治めていましたが、明智光秀の攻撃を受けて滅んだ後は光秀が周山城を築城。本能寺の変により豊臣軍に攻撃を受け破壊されましたが、今も総石垣づくりの広大な城址が残っています。

  • 江戸時代

    園部藩・篠山藩が支配しましたが、山国郷は【禁裏御料(天皇家の領地)】となりました。

  • 明治時代

    明治維新の際には、農民により【山国隊】が編成され、官軍に参加して活躍しました。【山国隊】は京都の「時代祭」行列の先頭(維新勤王隊)を飾ることで有名です。
    ※「時代祭」の際には【山国隊】ゆかりの壬生地域の皆様が行列に参加しています。

  • 明治12年(1879年)

    北桑田郡が発足。郡役所が比賀江村に設置されました。

  • 昭和30年(1905年)

    周山町・細野村・宇津村・山国村・黒田村・弓削村が合併して京北町が発足(1町5村)しました。

  • 平成17年(2005年)

    京北町が京都市(右京区)に編入されました。

  • 令和2年(2020年)

    京都市立京都京北小中学校が開校しました。

京北自治振興会

京北自治振興会の役割行政との連携を図りながら、意見や課題を幅広く収集し、活力ある地域づくりに貢献しています。
目指すのは、住みやすく豊かな地域社会の実現。「福祉」「環境」「安全」「防災」「文化」「スポーツ活動」などの課題を改善・解決し、京北の活性化に向けてさまざまな取り組みを行っています。

京北自治振興会概要

  • 所在地 〒601-0251 京都府京都市右京区京北周山町上寺田1−1 京北合同庁舎2F
  • 組織 顧 問      久保 敏隆
    顧 問      海老瀬篤司
    顧 問      西山 隆史
    会 長      岡本 洋志
    副会長      田中 章仁
     〃       中道 聰
     〃       古家 實義
     〃       村山 仁志
    地区代表
    黒田支部長    由里 保 
    山国支部長    西山 恒夫
    弓削支部長    佐伯 芳成
    周山支部長    渡邊 修平
    細野支部長    辻 実智之
    宇津支部長    岡本 祥二
    監 事      河合 正樹
    監 事      細見 秀一
    企画広報部長   都木 真一
    地域整備部長   木村 正幸
    体育文化部長   藤野 幸夫
    京北トレイル部長 塔下 守
  • 電話 TEL:075-852-0001 FAX:075-852-1838
  • アクセス 車:国道162号線を京都市内福王子交差点から北へ約40分
    バス:JR京都駅から周山(JRバス)…約1時間30分