浄瑠璃くずし丹波音頭

江戸中期近松門左衛門の「浄瑠璃」をくずした音頭に、踊りの振り付けをしたもので、丹波地方の伝統的盆踊りの定番となっています。京北の毎年夏の盆踊りには欠かせない音頭となっています。丹波音頭・踊り保存会が発足し、その保存普及につとめています。

名称 浄瑠璃くずし丹波音頭(じょうるりくずしたんばおんど)

関連記事

  1. らふ工房(Cafe & Gallery 360)

  2. エルバ工房ゲストハウス

  3. 京北木こりビレッジ(クワッドツアー)

  4. 丹波マンガン記念館

  5. 葵工芸(北山杉木工品)

  6. 蛙の駅(川遊び、キャンプ、BBQ)