熊野神社

創祀時期は天福元年(1233年)、紀州の熊野本宮大社より勧請し、元は「熊野大権現」と称して丹波全域はもちろん丹後、若狭から参拝者で賑わったそうです。

寛正元年(1460年)の上弓削の大火で社殿は焼失し、現在の本殿は貞享(じょうきょう)四年(1687年)に、また拝殿は安政七年(1860年)に再建されたものです。また慶応四年(1868年)に社名を現在の熊野神社に改称しました。
大きな本殿と広い境内は美しく掃除されており、大変気持ちのいい神社です。

名称 熊野神社(くまのじんじゃ)
所在地 京都市右京区京北上弓削町宮ノ本22
アクセス クルマ:国道162号線を京都市内から北へ…約40分 周山から弓削方面へ
バ ス:JR京都駅から周山(JRバス)…約1時間30分  周山から上弓削(京北ふるさとバス)…約10分

関連記事

  1. 片波の伏条台杉群(巨大杉の群落)

  2. あうる京北(体験イベント)

  3. 道の駅 弓削川沿いの桜

  4. 常照皇寺(境内と庭園の紅葉)

  5. 出逢い桜

  6. 徳平庵・本館/徳平庵・檜