正法寺の栢木

カヤの木は正法寺境内の西南隅にあり、力強い根張りは石垣を若干変形させています。このカヤは正法寺が創建された明応4年(1494年)当時のものといわれており、カヤとしては京北地域では最大の巨樹です。

カヤの木は広円錐形の自然樹形を保っており、そびえる姿は遠くからも見ることができます。京都市の天然記念物に指定されています。

名称 正法寺の栢木(しょうぼうじのかやのき)
所在地 京都市右京区京北五本松町垣内82
アクセス クルマ:国道162号線を京都市内から北へ…約40分 周山から弓削方面へ約5分
バ ス:JR京都駅から周山(JRバス)…約1時間30分  周山から出口橋(京北ふるさとバス)…約10分

関連記事

  1. 京北堂「EARTH SAUNA」

  2. 安井源太芸術研究所

  3. ゆめハウス

  4. 周山保育所

  5. 羽田酒造(清酒醸造所)

  6. 黒田百年桜