小塩の上松(あげまつ)

写真1

 山国地域の小塩(地区)では盂蘭盆となる毎年8月23日に最も近い土曜日の晩、愛宕神社に献灯するために行われる火の祭典「上松」神事を行っています。
*小塩の上松は京都府の無形民俗文化財として登録されています。

上松場へと続く道にはカンテラが灯されます。
上松は【もじ】に三本の松明が投げ入れられるまで放り上げます。

 上松は小さな焚松(たいまつ)に縄をつけて振り回し、高さが15mも上の燈炉木(とろぎ)に結え付けた【もじ】(傘を逆さにしたような形状)めがけて放り上げていきます。


晩夏の夜空に松明が弧を描き、投げ入れられた松明がもじに燃え移り、燈炉木が巨大な松明となったときに地面へ引き倒すのですが、このとき沿道の観客からは大きな歓声があがります。

巨大な松明となったもじが引き倒されると、大きな火柱が立ち上り神事は終了します。

*小塩の上松は神事のため、上松場へと続く橋に結界が張られますので関係者以外の立ち入りはできませんが、川向かいから御観覧いただけます。他にも日吉神社では飲み物や軽食の販売なども行われています。

名称 小塩の上松(おしおのあげまつ)
所在地 京都市右京区京北小塩町水木1(日吉神社近傍の上松場にて開催)
アクセス クルマ:国道162号線を京都市内から北へ…約40分 周山から国道477号線を黒田方面へ
バ ス:JR京都駅から周山(JRバス)…約1時間30分  周山から小塩(京北ふるさとバス)…約25分
その他 令和3年度の開催は中止となりました

関連記事

  1. 小塩民宿

  2. 賀茂神社(杉木立と苔むした参道)

  3. 山国神社と維新勤王山国隊の行進

  4. 常照皇寺の九重桜

  5. 魚ケ渕吊り橋

  6. 「祇園の夜桜」の子桜

ja Japanese